ノンシリコンタイプのシャンプーで育毛対策

育毛効果が高いシャンプーを探すと、シリコンという言葉を何度も見ることになります。

良いシャンプーはノンシリコンシャンプーとなり、シリコンが含まれているシャンプーは品質が悪いという考え方になっているのです。

では、シリコンとは何なのか?についてですが、シリコンは、シャンプーの原材料をチェックしてみて、シクロメチコン、ジメチコン、シリカ、シロキサン、のような化学薬品が配合されているシャンプーのことです。

シリコンが含まれていると、髪の毛をコーティングする作用が高まるのです。

以前はよくCMをしていたキューティクルを保護するような成分のことです。

そして、ツルツル効果が高まるので、手ぐしを通すとサラッとしているし、髪の毛同士が摩擦でダメージを受けることはあり得ないとのこと。

そのような髪の毛サラサラ成分が配合されればシリコンタイプのシャンプーとなります。

洗い上がりの髪の毛に光沢がある時には、シリコンタイプのシャンプーが使われていると考えて良いと思います。

なぜ、これがダメなのかと言えば、髪の毛をツルツルにするコーティングしてしまう成分が、毛根にまで浸透していくので、毛根の毛穴が詰まってしまうということです。

毛根からすると、シリコンが余分な脂分が詰まっているような状態と同様になってしまうのです。

シャンプーをして、脂汚れは除去するのですが、今度はシリコンが毛穴に詰まってしまうという、何をしているか分からない状態になってしまうのです。

なので、シリコンタイプのシャンプーは使ってはいけないということです。

では、今話題の銀クリに通院するというのはどうでしょうか?

一度、銀クリの口コミサイトを見てみようと思います。